1/100 ~ 甘デジは全く甘くない、という話 もしくは錯覚を利用した騙しの手口

誰がつけたのは知らないけれど『甘デジ』とはよくできた呼称だ ホールの経営的にね

甘デジがフルスペックに比べてローリスクローリターンだと思ったあなた、すでに騙されているよ

前の記事の表を一部抜粋する

単独大当り確率(分数表示) C回転以内に当る確率(%)
1/100 36.60
1/200 36.70
1/300 36.73
1/400 36.74

これは1/Cスペックの台でC回転以内に大当りを引く確率だったね

そう、大当り確率にかかわらず、C回転以内に当たる確率はどれも64%以下だ

確率が同じなら戻りは小さくても投資が少なくて済む甘デジのほうが安全なのでは、と考えたくなるよね

確かに確率だけなら…ね しかし期待値のほうは計算したのかい? 例えばこんな例

大当り確率 実質賞球(球) 継続確率(%) 1k回転数 期待値(球)
1/100 380 70 22.0 -1.193
1/200 760 70 22.0 -1.263
1/300 1140 70 22.0 -1.287
1/400 1520 70 22.0 -1.298

ぱっと見期待値もほとんど変わらないか甘デジがほんのちょっとだけ分がいいように見える

が、継続確率が全部70%だ 甘デジでフルスペックと同じ継続率なんてあり得ないのはよく御存じのはずだ

当選確率が高いものの継続率をちょっとずつ下げてみよう

大当り確率 実質賞球(球) 継続確率(%) 1k回転数 期待値(球)
1/100 380 55 22.0 -5.416
1/200 760 60 22.0 -4.430
1/300 1140 65 22.0 -3.096
1/400 1520 70 22.0 -1.298

どうだい、甘デジの期待値が一気に悪くなった 甘デジはフルスペックの4倍以上も負ける!

え、実質出玉が少なすぎる?実機はそんなに少なくない? いいよ、調整してあげよう

大当り確率 実質賞球(球) 継続確率(%) 1k回転数 期待値(球)
1/100 475 63 22.0 -1.193
1/200 855 65 22.0 -1.716
1/300 1235 68 22.0 -1.287
1/400 1520 70 22.0 -1.298

ふふ、ちょっとは安心したかい?これは例だから、実際、実機のスペック値を具体的にいれば確かにそうなるからあなたの好きな台のフルスペックと甘デジの数字を入れて計算してみるといいよ

たしかに期待値も似たようなものになるんだ

ただし1k回転数が同じならね

ここが騙しのキモだ 期待値が同じで大はまりの時の損が小さいから甘デジなら安心して遊べる

そんな考えで寄って来るであろう奴の打つ台の

『釘を閉める』

1k回転数を調整してみよう

大当り確率 実質賞球(球) 継続確率(%) 1k回転数 期待値(球)
1/100 475 63 19.5 -2.678
1/200 855 65 20.2 -2.711
1/300 1235 68 21.1 -1.785
1/400 1520 70 22.0 -1.298

回転数を2球半調整しただけでフルスペックの倍以上の負け期待値の出来上がりだ、頭の悪い人ごっつぁんです!

甘デジはスペックが甘いんじゃぁない、騙されて寄ってくる奴の考えが甘く、ホールにとって甘い利益なんだよ、わかったかい?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク