140.6円 ~ 大当り期待値を勘案しても1,000円投入毎にやはり損をする金額

さてひとつ前の計算で、当り外れの波を均すと長期的には1回抽選を行うごとに1.7575球損をすることがわかった。

仮に4円貸し、1投資単位1,000円で20回の抽選ができたとしよう

1回の抽選で1.7575球損をするのだからこれは

1.7575球 × 4円/球 = 7.03円

7.03円損をするのと同じだ

1投資単位で20回抽選を行うのだから

7.03円/回 × 20回 = 140.6円

140.6円だ つまり当ろうが外れようが短期的な波には関係なく、1,000円投入するごとに140.6円損をしていることになる

外れ続けた場合の投入金額以上の含み損は360円だった

大当りの期待値を考慮しても1,000円の損+360円の含み損が140.6円の損になるに過ぎない

損幅が小さくなって喜んでいるのかい?マイナスはどこまで行ってもマイナスだ

これで「パチンコは絶対に勝てない」ことがお分かりいただけたろう

この明白な事実をユーザーに悟らせないために派手な演出と一時的な出玉がある

この程度の短期的な印象付けだけで簡単に釣られる人間は大勢いる

愚か者たちのおかげでパチンコ業界は安泰だ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク