1,728球? ~ 大当たりで発生する賞球数

ここに大当たりスペックがラウンド数16回、カウント数9カウント/ラウンド、賞球12球/カウントという台があるとする

大当たりとは通常「アタッカー」という大きな、もしくは

こぼれ球の少ないレーン上にある入賞口が継続的に開くことだ

入賞口に球が入ることをカウントと言いカウントごとに賞球が払い出される

1ラウンドは最大カウント数まで入賞する

ラウンド数はそれの繰り返し回数だ

つまり大当たりが発生すると総数で

ラウンド数×カウント数×カウントあたり賞球が払い出される

この例なら

16ラウンド×9カウント/ラウンド×12球/カウント=1,728球

これだけの賞球総数が払い出される

果たしてこれはあなたの「勝ち」を表す数字だろうか

答えはノーだ

入賞口に打ち込んでいる球の減算を忘れていないか?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク