277回転 ~ 5割大当たり確率

これだけ打ち続けてもはずれ続ける確率は1/2(50%)

1投資単位1,000円で20回抽選できるのならばここまでに最低14,000円は投入していることになる

1度の大当たりで6,000円相当の実質出玉あったとしても

現金収支で8,000円は負けていることになる

運よく確変で手球を減らさずもう一回当たっても2×6,000=12,000円でやはりまだ赤字

3×6,000=18,000円でやっと黒字

確変で3連しないと損ということになる

抽選回数 連続で外れる確率(%) 大当たり確率
277 50.0 50.0

これだけ打っても大当りを引く確率は五分五分

2回に1回は負け確定だ

大当りの度に必ず3連荘してもその回がトントンになっただけで

トータルではやっぱり負けている

そう説明しても「当るときは十数連荘するから!」

っていうのかい?

長期の収支でプラスになってる人なんて、本当はこの世には存在しないのに


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク